ギャラリーしらくら

1988年以来、全国で活躍する作家の手による楽しく実用的な作品を中心に陶磁器、吹きガラス、漆器、竹クラフト、染織品など展示販売しています

上村個展

上村 祥雄 陶展 (終了)
5月3日(水)-8日(月)


CIMG6438_convert_20170404213230.jpg


私が贈るうつわ、使ううつわ (終了)
5月11日(木)-15日(月)

生活の中では、私のうつわはあなたのうつわにもなる。
好みは人それぞれでも、うつわは人を選びません。
そんな個性あふれるうつわがたくさん並びます。

CIMG6429_convert_20170404215211.jpg

写真は、白化粧線彫壺、十字皿(石田誠 作)、小鹿田飛カンナ土瓶、粉引碗(坂本浩二 作)


染色小田桐工房 夏の洋服展
6月29日(木)-7月3日(月)


木綿型染Tブラウスと絞りワンピース(小田桐真由美)、
手描きスカーフ(大田早苗)、手織木綿チュニック(石原美鈴)の作品など
染めと織の作品多数からお好みを手に取ってご試着ください。

スポンサーサイト

PageTop

こんな うつわ があったら ・・・・・

 12月4日(木)-9日(火) (終了)  

元気づく おいしいものがたべたいなー

こんなうつわがあったらいいなー
 .和食? 洋食? それとも中華?

おいしい毎日の食事。 こころもからだも元気でいたい。 新鮮で安全な食材。産地は
どこだろう。  だれがどんなふうに育てたり、獲ったりしているんだろう。
スーパーに行けばなんでもある。 売値も競っている。

そうだ、 よく考えてみよう。 毎日の大切な食事を決めている条件があったんだ・・・。
そういったいろいろなこと、そんなことを考えていると、ふと気づく。
第一、おいしいってどんなことだろう・・・と。
それがおいしい食事とどんな関係があるんだろう?・・・。
うつわも、そんな観点から選んでみよう。

これはいい、そんなお皿や鉢があったかなー。
 今日は、
本格的なインドのスパイスカレーにしよう。
しました。
スープにもなり、リゾットやお茶漬けにもおいしいラッサム(下写真)/
薬膳カレーの代表ともいわれているからだにいいカレーとか
サーグ・チキン/ホウレンソウとチキンのカレー(下写真)とか
いろいろ。 (インド料理なら渡辺玲さんの著書など、ご参考にどうぞ)
 たまねぎでもトマトでもホウレンソウでもどれにしようか。 ちょっとこだわろう。
そこで、あれこれ関心をもって用意しました。 冷蔵庫にあるものもある。新鮮な有機野菜もいただいた(写真下)。
いい食材をうまく利用しておいしく食べよう。

食事に合わせてどんなうつわにしようか迷うかもしれません。
 展示作品から このうつわ っといろんな献立を連想してお選びください。
そして、こんな時、食材も、レシピも、うつわも、そしてたとえば、おいしさって何だろう、
などときっと、いろいろ考え、気付くことがあると思います。
 毎日の生活を豊かにするってこういうことかも知れない・・・

新鮮野菜 今日いただいた新鮮な無農薬野菜 (真竹の笊/浅野宗一郎 作)

CIMG2527_convert_20141114205649.jpg  ラッサム (スープカップ/宮内窯 作)

サーグ・チキン サーグ・チキン (手付きカップ/小野寺友子 作) 

カレー森手付鉢 小豆のカレー (赤い手のうつわ/森 正 作)

ダルカレー(工友) ダルカレー(赤絵皿/鈴木工友 作)

カキフライ カキフライ (ミート皿/石原幸二 作)

宮内カレー皿 カレー皿(宮内謙一 作)

 

PageTop